ふるさと納税で暮らしが潤う|世の中に隠れているカシコイ生活術

自治体を応援出来る

エビ

注目される理由とは

ふるさと納税という制度の人気が急激に高まっています。ふるさと納税が人気を集めている理由としては、各自治体が寄付をしてくれた人に対して贈っている特産品や提供しているサービスの存在があります。特産品は自治体をアピールすることが出来るとともに人気を集めることにより、寄付金を多く集めることが出来ます。また、最近では特産品を贈るだけではなく、自治体に足を運んでもらうためのサービスを提供しているところもあるなど、多様化してきています。そして、制度が改正されたという事もふるさと納税をする人が多くなった理由と言えます。これまで、節税効果を得るためには、寄付をした上で確定申告の手続きが必要でしたが、制度が改正され、一定の条件の下では確定申告をしなくても節税効果を得ることが出来るようになりました。

寄付金の目安

ふるさと納税をすることによって、2000円以上の寄付金に対しては住民税の約2割が還付・控除されます。還付・控除される金額については、収入や生活スタイルによって異なります。計算することで知ることが出来ますが、いちいち計算するのが面倒という場合に人気なのが、シミュレーションサービスです。インターネットサービスで、必要事項を入力するだけで税金がゲイ源される寄付金額の上限を計算することが出来ます。前年度の源泉徴収票や確定申告書の控えがあれば、簡単に計算することが出来ます。算出された金額を参考にして、各自治体に寄付をするようにしましょう。算出された金額以上の金額を寄付することも可能ですが、自己負担額が2000円以上となることもあります。